売買の前に知る借地権

親が亡くなって突然、借地権を相続することになり売却しようとしてもどうしたらよいかわからずに悩んでしまうことがあります。不動産に精通していない方にとっては、借地権とは何かということから学ばなければならなくなるでしょう。まず、理解しにくくなっている背景として旧法での借地権が有効となっている場合と新法による借地権の規定による場合の2種類が存在するということです。平成4年以前の旧法借地権については、借地権を設定した場合、その存続期間は30年、更新後は20年となります。旧法の特徴として、土地を借りている借地権者にとって有利なものになっていることがあげられ、正当な事由なしに、地主が更新を拒絶したり、建物の明け渡しや更地返還などを請求したりできないようになっています。

平成4年に制定された新借地借家法により、普通借地権とは別に定期借地権が新たに認められるようになりました。普通借地権は、旧法による借地権と同様に法定更新が可能です。定期借地権は、存続期間を50年と定める一方期間満了後には地主に土地を返還する必要があるとされています。借地権の更新や建物の買取請求の権利は認められておらず、旧法と比較すると地主側に有利な内容となっています。バブル期に比べてマンションの分譲価格が極端に安くなっていることがありますが、それも定期借地権が付いたマンションとなっていることが要因のひとつとなっています。また、平成17年に前払い地代方式が追加されたことで保証金や権利金とは異なるさまざまなメリットも得られるようになっています。