借地権売買はプロにお任せ

借地権を売却する際には、必要となる承諾料を支払う必要がありますが、実際にいくら払う必要があるのか、名義書換後の契約内容はどうなるのか、などの条件交渉を地主との間で行うことになります。物件の性質により、個別的な要素も多いため、借地人と地主が話し合いをしてもなかなか前に進まず具体的な調整がつかないこともあります。条件がうまく折り合わないと借地人が地主から承諾を得ることはできないため、勝手に譲渡や売却をすることはできません。もめてしまうと、借地非訟裁判の手続きが必要となるため、専門的な知識や膨大な時間が必要となります。また、地主から承諾が得られても個人が第三者に売却することは簡単ではありません。

このような場合、借地権の売買などに精通しているプロに相談することが大切です。ほとんどの場合、相談は無料で受けつけており、その後、地主との交渉や借地非訟裁判になった場合の弁護士の紹介などもしてくれます。借地権付建物売買について一般の不動産会社に相談される方も多いのですが、借地権についての経験が不足していることなどにより、査定価格にもバラつきがみられることもあります。専門家のいる会社では、適正価格での買取し、時間をかけずに売却することができるので、借地人の負担を大幅に軽減することができます。